恵まれた環境

生活の場としての保育園の環境

保育園は、乳幼児が、生涯にわたる人間形成の基盤を培う極めて重要な時期に、その生活時間の大半を過ごすところ、保育の基本は家庭や地域社会と連携を密にして家庭教育の補完を行い、子どもが健康、安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図るところにあり、そのために養護と教育とが一体となって豊かな人間性を持った子どもを育成するところに保育園における保育の特性があります。

自然となかよし

園のまわりは自然に囲まれ、田や畑、清水の湧き出る川、そして少し足をのばすと多摩川にも出られます。そんなみどりいっぱいの自然との出会い体験が楽しめる環境にあり、地域の人々とのまじわりも深く、園児と親しいかかわりが生まれています。戸外活動先では、おじいちゃん、おばあちゃんとの交流に興味深く関わり、イヌやネコとも仲良しになり、やさしくつつまれています。
園庭には農園もあり、土の感触は子どもたちの楽しみの一つになっています。季節感を大切にし、草花を育てる、野菜を作る、太陽で育つみずみずしい味を直接体験して心豊かになれます。そこから出会う、小さな虫たちの様々な発見や不思議さに気づき、表現活動を通し感性も豊かに育ちます。
園庭にも恵まれ、何ごとにも挑戦し、体験することから自らの力を伸ばし、のびのびからだを動かし体力をつけ健康保育を目指しています。
友だちとのかかわりも自然に学び、よろこびを共感する元気と笑顔にあふれています。
そして、共育することを大切に一つの大きな家族として生活しています。